ドラマネタバレ・感想

35歳の少女|2話 ネタバレ感想【私、成長するね!に感動】



柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」第2話が、2020年10月17日(土)に放送しました。

再び自転車に乗り込み、事故現場に猛スピードで突っ込んでいた望美はどうなってしまうのか!?注目の第2話です!

このページでは、35歳の少女「2話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

35歳の少女「2話」ネタバレ

35歳の少女「2話」ネタバレです。

多恵と進次が離れた理由

望美は25年分のブランクを取り戻すため、大量の参考書での勉強が控えており、

  • 食べ方。
  • 自分のことを望美と呼ぶこと。

など、子供らしさを見せると注意されていた。

さらに衣服を整えるため、多恵と一緒にデパートへ。望美はお子様ランチを頼もうとしたが、そこでもリゾットセットに変更されてしまう。

その後、望美は途中で迷子になり多恵が慌てて探していると、子供たちが遊ぶ遊具コーナーを楽しそうに鑑賞していた。。

そんな望美の行動を心配した多恵は、望美にスマホを与えることにした。

////

翌日、1人で自宅にいた望美は父・進次から電話があり、一緒にランチへ出かけた。

「もう、お家には戻らないの?」という望美の問いかけに、進次は、

多恵と望美の看病でケンカが耐えなくなり、「私はあなたのような弱い人間じゃない」と言われ、心が折れた。

と告白し、涙ながらに謝罪した。

////

一方、元カレの秀男と藤子の交際を知った愛美は、彼氏代行で結人を指名。

さらにその夜、藤子と秀男のディナー先を知った愛美は、わざと当てつけで同じレストランへ向かい、秀男の前で結人を彼氏だと紹介。

結人も彼氏になりきりその場を凌いだが、ストーカー並に秀男のことを引きずっていた愛美に嫌気が刺し、もう諦めればと伝える。

すると愛美は逆ギレしてしまい、レストランを去っていった。

リアル浦島太郎

翌日、望美は結人とあの図書館で合流し、望美の親友だった「ゆき」と「さおり」にカフェで25年ぶりの再会を果たす。

しかしあまりの変貌ぶりと小学校の夢とは違う2人の現実に、望美は驚きを隠せなかった。

その帰り道、2人はとても優しかったと喜ぶ望美だったが、インスタにアップされたコメントを結人から見せられた。

と書かれていて、現実を突きつけられる望美。

ショックを受けた望美は黙ったまま自宅へ向かうと、急に自転車に乗り出しどこかへ行ってしまう。

慌てて追いかける結人だったが間に合わず、望美は以前の事故現場に向かって猛スピードで突進していく。

思いっきり目をつむったが寸前でブレーキを掛けた望美は、大事に至らずに済んだ。

望美だけ不公平だよ!なんで私だけ、浦島太郎みたいに歳取らなくちゃいけないの!?

と、泣き喚く望美。

すると結人は望美に

じゃあ、そのままでいろ!外見なんか気にすんな!

無理に大人になる必要なんてねぇんだよ。

お前の好きなようにやればいい。

大人になるのはそれからだ!

と、ド真剣に伝えてくれた。




わたし、成長するね!

その後、結人と望美は一緒にデパートへ向かった。

結人のポケットマネーで望美が気に入った服や靴を買い、子供の遊具コーナーに行くと、望美は楽しそうに遊んでいた。

「ママが言うように、大人にならなきゃいけないのかな。」とつぶやく望美に、結人は

お前のやり方でいいんだよ!

中学生になりたいと思えば、俺も中学生になってやるよ!

と、伝えた。

その後、進次と愛美を自宅に呼び出した望美は、誰も悪くない!と一生懸命に伝えはじめる。

あの日、自転車に乗れたのが嬉しくて、わざとスピード出したくて坂道を通った自分が悪いと告白。

愛美がおつかいに行かなかったからじゃなく、進次が自転車のブレーキを直さなかったからでもなく、多恵が豆腐を買い忘れたわけでもない。

みんな25年も辛かったのに、自分だけ不公平って言ってごめんなさい!

と謝ると、家族みんなで泣きながら、望美が買ってきた豆腐を食べた。

そして望美は「私、成長するね。」と、みんなに微笑んだ。

 

つづく…

35歳の少女|3話 ネタバレ感想【25年分の感謝を母へ】ドラマ「35歳の少女」3話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年10月24日放送。...

35歳の少女「2話」感想

35歳の少女「2話」の感想です。

35歳の少女 次回のあらすじ

ドラマ「35歳の少女」次回のあらすじです。

のぞみ(柴咲コウ)は、家族に成長宣言したため努力するが、うまくいかない。

昔から教えることが得意だった元教師の結人(坂口健太郎)に勉強を見て欲しいと思う望美。

しかし、娘が結人と近づくことをよく思わない多恵(鈴木保奈美)は、学習塾に通わせようとするが、望美はついていけない。

一方、進次(田中哲司)は部屋に引きこもる義理の息子・達也(竜星涼)との関係を修復しようと、加奈(富田靖子)の制止を振り切って部屋のドアを叩く。

しかし、達也は、いきなり100万円を要求する。

仕事での功績が評価されない愛美(橋本愛)は、相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)の順調な恋を前に公私ともに絶不調。

結人に愚痴聞き代行を頼むが、酔った勢いで大失態をおかしてしまう!

そんな中、望美は自分のことを巡って多恵が愛美や進次と衝突を繰り返し、家族の溝が深まっていることを悲しく思っていた。

結人に会って相談する望美は、世の中を知るために結人の代行業を手伝うことになる・・・。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事35歳の少女|キャスト・ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!