ドラマネタバレ・感想

35歳の少女|3話 ネタバレ感想【25年分の感謝を母へ】



柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」第3話が、2020年10月24日(土)に放送しました。

25年も娘の復活を信じて介護し続けた母・多恵に、望美から感謝の言葉を伝えます。

望美の言葉に、多恵の心はどう動くのか…。

このページでは、35歳の少女「3話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

35歳の少女「3話」ネタバレ

35歳の少女「3話」ネタバレです。

リア充代行

望美(柴咲コウ)は、家族に成長宣言したため努力するが、うまくいかない。

昔から教えることが得意だった、元教師の結人(坂口健太郎)に勉強を見てもらいたいと思う望美。

しかし、娘が結人と近づくことをよく思わない多恵(鈴木保奈美)は、学習塾に通わせようとするも、望美はついていけない。

塾側から望美がいると生徒が落ち着かないという理由で、今後の参加を断られてしまう。多恵は、個別対応の塾へ預けることにした。

一方、進次(田中哲司)は部屋に引きこもる義理の息子・達也(竜星涼)との関係を修復しようと、加奈(富田靖子)の制止を振り切り部屋のドアから声を掛けた。

しかし達也は、整形するための100万円をくれれば出てきてやるという。。

仕事での功績が評価されない愛美(橋本愛)をよそに、相沢(細田善彦)は愛美のフォローのお陰でプレゼンが成功。

ところが相沢は愛美に一言も礼を言わず、藤子(大友花恋)や他のみんなと喜びあい、気に食わない愛美。。

その後、結人に愚痴聞き代行を依頼し居酒屋でヤケ酒すると、酔った勢いで相沢の自宅前まで出向き、外から「出て来いやぁー」と大声で叫んでしまう。

愛美の大声に気付いた相澤から部屋のカーテンを閉められ、今度は泣きわめく愛美?挙げ句の果てに倒れ、結人に実家まで送ってもらった。

目覚めた愛美は、望美を巡って多恵と言い合いになってしまう。

翌日、望美は結人に連絡し、算数の問題を教えてほしいと依頼。

いつもの図書館で合流し結人から教わると、望美は問題がスラスラ解けることに歓喜する。毎日教えてほしいと頼むも、お前のママが許すわけないと言う結人。

そんな中、リア充代行の人員が1人足りないと結人に連絡が入り、望美は世の中を知るため代行業を手伝うことに…。

ガンジガラメ

望美は途中までうまい具合に代行業をこなしていたが、酒を飲みはじめると、子供ながらに思ったことをズバズバ言ってしまう?

その後、結人は酔っ払った望美を自宅まで届けると、多恵から「もう二度と娘を危険な目に合わせないで」と言われる。

さらに、結人に望美の連絡先を削除させた。

翌朝、望美が目覚めると部屋に監視カメラを設置していた多恵。望美がコッソリ行動しないよう、スマホで映像を確認するという。。

そして、望美のスマホから結人の連絡先を勝手に削除した上に、自宅のカギを外から掛けられ、完全に軟禁状態になってしまった。

「どうしよう!どうしよう!」と慌てる望美は、幼い頃に多恵と仲直りした時の録音テープを聞きはじめる。

手紙を書いて仲直りした当時を思い出し、レターセットを取り出したが、何て書けばいいか分からない望美。

すると何かを思いついた望美は、監視カメラに映らないようコッソリ自宅を抜け出すも、玄関前に多恵がいて腰を抜かす。。

しかし、多恵のガンジガラメに耐えれなくなった望美は、こんな人ママじゃない!と叫び、その場から走り去っていった。




望美の手紙

望美はいつもの図書館で、結人と合流した。

多恵にヒドイことを言ったと悔やむ望美は、結人に寄り添ってもらい手紙を書き始めるも、何か大切なことを思い出そうとして筆が進まない。

結人は気を利かせ、気分転換に望美とカフェへ向かうと、何かを思い出したかのように多恵への手紙を書きはじめた望美。

一方、多恵は

なんで、こうなっちゃったんだろう。

あの子が起きたら、楽しいことばっかりだと思ってたのに。

と呟いていると、望美が帰ってきた。

望美は帰るなり、以前の突撃インタビュー方式で、晩ごはんの支度をする多恵に手紙を読みはじめた。

手紙では、

  • 望美が寝てる間に、自分を看病してくれたこと。
  • そりゃあ、白髪にもなるよね。
  • 一番大切なことを忘れてた、それはママを抱きしめること。
  • そして、ママにギュッと抱きしめてもらうこと。
  • ママにハグしてもいいでしょうか?

と書いてあり、読み上げた。

すると多恵から「週2回、結人くんと勉強するの。」と告げると、望美は多恵に飛び込み抱きついた。

そして「ママ、だぁ〜い好き」と伝えた。

 

つづく…

35歳の少女|4話 ネタバレ感想【話す人の心が聞こえない】ドラマ「35歳の少女」4話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年10月31日放送。...

35歳の少女「3話」感想

35歳の少女「3話」の感想です。

35歳の少女 次回のあらすじ

ドラマ「35歳の少女」次回のあらすじです。

望美(柴咲コウ)は、多恵(鈴木保奈美)のことをなぜか鬱陶しく感じ始めていた。そんなこととはつゆ知らず、朝から望美の好物を用意して娘にベッタリする多恵だが……。

一方、愛美(橋本愛)は相沢(細田善彦)の自宅前での泥酔熱唱動画が会社内で出回り、進めていたプロジェクトをおろされてしまう。

藤子(大友花恋)の仕業だと確信するが、さらなるトラブルに発展し……。

会社で早期退職を勧められた進次(田中哲司)は加奈(富田靖子)に打ち明けられず、引きこもる達也たつや(竜星涼)の問題も解決の糸口を掴めずにいた。

そんな中、結人(坂口健太郎)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強が捗り、中学の学習内容に進むことに。本当は通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒の会話に激しく共感!

中学生たちとまるで同い年のように意気投合し、すっかり中学生のノリに染まる望美。結人はそんな姿に戸惑いつつも、多恵に成長を見守るよう提案するが……。

自分の行動に口出ししてくる多恵や進次の情けない姿に、経験したことのない“反抗期”のイライラを感じる望美を、新たなトラブルが待ち構えていた……!

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事35歳の少女|キャスト・ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!