ドラマネタバレ・感想

七人の秘書|3話 ネタバレ感想【サランの涙】



ドラマ「七人の秘書」第3話が、2020年11月5日(木)に放送されました!

第3話は、パクサラン演じる、シム・ウンギョンさんの回でした(涙)

このページでは、ドラマ「七人の秘書」3話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ「七人の秘書」3話 ネタバレ

ドラマ「七人の秘書」3話のネタバレです。

出世争い

慶西大学病院で働く「パク・サラン(シム・ウンギョン)」は、みんなから頼りにされる病院長秘書。

内科医・三好麻里(松本若菜)からは「院長秘書なんてもったいない、医師になればいいのに」と言われるほどの活躍ぶり。

その三好麻里が患者から「現金の入った菓子折り」を受け取ったと疑われ、謹慎処分になっっていた。

三好はただの菓子折りを断りきれず受け取ったつもりが、まさかの現金が入っていたと悪意はなかったと弁解する。

しかし、マスコミに漏れたら困ると院長から謹慎処分を言い渡されていた。そんな麻里を、サランはラーメン店「萬」へ連れて行った。

病院長の息子を内科部長にするため、患者の信頼も厚く次期内科部長候補の麻里は、出世争いに巻き込まれたと断言するサラン。

なぜなら、その菓子折りは病院長・西尾忠彦(大和田伸也)の指示で、サランが発注したものだった。

千代(木村文乃)や他の秘書たちは、西尾を追い込むネタを仕入れるため合コンを仕込むことにした。

オレはVIP専門

その頃、西尾病院長(大和田伸也)は、佐山厚生労働大臣・粟田口財務大臣(岸部一徳)らと密会していた。

サランと萬(江口洋介)は会話を盗聴し、何とか証拠をつかみたいサランだが、粟田口は用心深く尻尾をなかなか出さない。

そこへもう1人、正体不明の客が現れた。

サランはもう1人の客の写真を撮り、不二子に警察で調べてもらうことにした。

////

一方、合コンでは千代(木村文乃)を口説こうとする、西尾の息子・直哉(忍成修吾)。

その後、夜の店で使った領収書を落とせと言う直哉に、同席者と人数を尋ねるも、そんなの適当にやれと言われる。

そんな中、患者の容体が急変したと看護士が呼びに来るも、「オレはVIP専門だから」と打ち合おうとしない直哉。

怒りが込み上げたサランは、思わず直哉を階段から突き落とそうとしたが、寸前で不二子が止めに入った。




西尾と粟田口の裏工作

不二子の調査で、院長たちと会っていた正体不明の客は、医大専門予備校の校長・橋口と判明した。

一方、病院長室で証拠を探していたサラン。

そこへ急に院長たちが戻ってきた為、あわてて机の下に隠れたが、内科医・青井慎之助(福山翔大)のお陰でバレずに済んだ。

////

七菜を待ち伏せしていたフリーライターの黒木瞬介(坂口拓)は、七菜に頭取との不倫について取材される。

前頭取の死に場所について問い詰められ、七菜はつい「慶西大学病院を調べたら」と口走ってしまう?

その後、黒木は三好麻里が現金入りの菓子折りを受け取った件を、スキャンダルとして記事にする。

西尾(大和田伸也)は、病院の医師が患者から金を受け取っていたと謝罪し、その医師を懲戒免職にし自分は院長の座を退くと会見。

そんな父を心配する直哉に、西尾は粟田口の計らいで厚労省のポストを用意してもらうと暴露する。

スキャンダルを公にしたのも、粟田口(岸部一徳)の指示だった。。

サランの過去と涙

西尾は退任の挨拶後、直哉(忍成修吾)を次期内科部長と紹介していると、萬がとある男を連れてきた。

その男は、院長に頼まれ三好に菓子折りを渡したと証言。

病院長にギャンブルの借金を肩代わりをしてもらう代わりに、現金入りの菓子折りを三好に渡していたと話す。

サランが院長の部屋で見つけた裏口入学リストを見せ、直哉の裏口入学が明るみになる。

すべての悪事が病院の医師やスタッフたちに聞かれ、さらにサランは合コンを経費で落とすよう強要していたことも暴露!

経費削減と指示されていた医師たちも耐えかね、立ち上がった。西尾や直哉たちは退陣し、無事に三好(松本若菜)が内科部長になった。

その後、患者の容体急変を聞き患者のもとに急ぐ三好を見て、昔を思い出すサラン。

病気の母親が自分のせいで(家が貧しい)、サランの医大進学を諦めさせたと謝っていた。

萬はサランに「医者にならなくても、人を救っている」と告げると、サランは涙ぐんだ。

ちなみに三好からの報酬は、人間ドックの無料券でした。

 

つづく…

ドラマ「七人の秘書」3話 感想

ドラマ「七人の秘書」3話の感想です。

ドラマ「七人の秘書」次回のあらすじ

ドラマ「七人の秘書」次回のあらすじです。

警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。

山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。

そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。

たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)が店主のラーメン店「萬」へ連れていく。そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。

そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、事件を隠蔽した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。

映子の記憶から、盗撮に使われたのが山根のスマホだと確信した不二子は、東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)ら裏仕事の仲間たちと山根を懲らしめることに…!

盗撮マニアの常習性を利用することにした秘書軍団は、表向きはクリーンな警察キャリアの山根を現行犯で捕まえる作戦を開始。

三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、山根との接触を計るが…?

“七人の秘書”たちが、卑劣な盗撮犯に鉄槌を下す――!

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【七人の秘書】キャスト・ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!