ドラマネタバレ・感想

極主夫道(ドラマ)|1話 ネタバレ感想【志尊淳、ガチで笑う】



玉木宏さん主演のドラマ「極主夫道」第1話が、2020年10月11日(日)からスタートしました!

このページでは、ドラマ『極主夫道』1話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ『極主夫道』1話ネタバレ

ドラマ『極主夫道』1話のネタバレです。

二度と揉めごとは起こさない。

“不死身の龍”と呼ばれる伝説の極道・龍(玉木宏)は、たった一人で敵の組に乗り込み、一晩で壊滅させたという伝説の男だった。

現在は極道から足を洗い、妻の美久(川口春奈)と娘の向日葵(白鳥玉季)と一緒に平穏に暮らしていた。

美久とは「二度と人ともめ事は起こさない」と固く約束し、結婚。出勤する美久のために弁当を作り、掃除・洗濯・料理と、すべての家事をする“専業主夫”として、慌ただしい毎日を送っていた。

一方、龍が所属していた天雀会は、ライバルの大城山組が勢力を伸ばし、プレッシャーをかけられていた。

しかし、龍が抜けた今の天雀会の力では、大城山組に勝てそうにない。天雀会会長の江口(竹中直人)と、その妻・雲雀(稲森いずみ)は「龍がいてくれたら…」と嘆くばかり。

そこで、龍の元舎弟・雅(志尊淳)は「組を守るためなら命も惜しくない!」と息巻くも、大城山組を見かけると隠れる雅だった。。

とある日、買い物を終えた龍がスーパーを出ると、雅が待っていた。

雅は龍に天雀会の状況を打ち明け、組に戻ってほしいと頼み込んだが、龍は「俺は、専業主夫になったんや」と断られてしまう。

向日葵にチクられる、龍

大城山組は、天雀会のシマで幅を利かせるようになっていた。

龍が向日葵の通う小学校の前で交通安全のおじさんをしていると、大城山組組長・大城山(橋本じゅん)と遭遇。

大城山は「不死身の龍も落ちぶれたもんだ」と挑発されたが、新人警官の酒井が現れ、大事にならずに済んだ。

その後、雅と龍と娘の向日葵で自宅に戻ると、ハンバーグを作ろうとした美久は大失敗し、キッチンは荒れまくっていた💦

龍がハンバーグを作り直し、4人で食べることに。その後、帰ろうとした雅は

1人でケンカ出来ひんなら、偉そうにモノ言うな。

そういうヤツは俺は好かん。

と、龍に言われてしまう。

その後「今日、ヤクザと揉めてたし、雅のこともビンタしてたよ😌」と向日葵にチクられ、龍は美久からボコボコにされた。




雅の男気

大城山の事務所前にいた雅は、龍に言われた、

1人でケンカ出来ひんなら、偉そうにモノ言うな。

そういうヤツは俺は好かん。

という言葉に触発され、1人バットを持って大城山組に乗り込んでいった。

////

婦人会の会長・田中の自宅で洗濯や掃除のレクチャーをしていた龍は、江口から呼び出された。そこで江口は龍に大城山組の横暴を訴え、力を貸してほしいと頼む。

そんな中、1人で大城山組に乗り込んだ雅は返り討ちに会い、病院へ緊急搬送された。昏睡状態の雅を見た龍は放っておけなくなり、武器の調達に向かう。

そして、天雀会と大城山組の緊張はさらに高まっていた。

退院した雅は龍が武器調達に向かったスーツ店を訪れると、サバイバルナイフを何本も購入していったと聞かされる。

雅が組事務所へ戻ると、江口の妻の雲雀から「龍は誰にも知られないよう、1人でコトを進めてるから邪魔しちゃいけない」と言われた。

さらに雲雀は、龍が1人で大城山組を追い詰めたタイミングで登場し、龍の感動をかっさらうと計画していた💦

そんななか龍から雅に連絡が入り、明日の13時に待ち合わせすることになり、さらに

レンコンだけ調達でけへんかったんや、明日、レンコン持ってきてくれるか?

知り合い追ったら呼んでくれ!ド派手に行きたいんや!!

※レンコン = 拳銃のこと

と依頼を受け、雅は「分かりました!」と告げた。

そんな龍は「これも会長のためや…。」と呟きながら、ナイフを研いでいた。。

龍、クーポンを使う

ついに、下町戦争が幕を開けた。

江口や雅たちは人数を揃え、龍に指定された場所へ向かう。すると警察も待機しており、江口たちがやってきたタイミングで確保に動く。

すると龍が現れ、指定された場所は、婦人会の会長の長女・田中絵里ちゃんのお誕生日会が開催されていた💦

龍が事前に用意したナイフはすべて、バーベキューでの仕込みに使われており、キョトンとする警察と江口たち。

大城山組に1人で乗り込んだと思っていた雅は、なにがBBQだ!と龍に食って掛かる。

すると龍から「大城山組?あぁ、それならもう話つけてきたで。」と言われ、驚く雅。

龍は知らぬ間に1人で大城山組に乗り込み、

俺が、今回の件に首突っ込むんは、おかしい話やと思います。

けど、親に見捨てれらた俺を拾ってくれたんは、江口会長です。そして、兄弟のように慕ってくれたんは、雅なんです。

足洗うたとはいえ、俺にとって天雀会の人間は大事な家族なんですわ。

手ぇ、引いてもらえませんか?

と、組長の大城山に頭を下げた。

大城山は「不死身の龍も落ちたもんじゃねぇか?簡単に頭下げるなんてよぉ」と告げると、家族を護るのは主夫の役目だと気付いたと話す龍。

断ったらどうすんだ?と聞き返す大城山に、

これ以上、家族傷つけるんやったら、背中の竜が目ぇ覚ましまっせ!

主夫ナメたらあかんで!

と怒鳴り、大城山に「100円割引クーポン券」を差し出し、丸く収めていた。

「お前は家族を守ったんや。ようきばったな、雅!」と龍に言われ、雅は涙を流しながら喜んだ。

その後、江口・雲雀・雅たちは警官たちに連行されていった。

一方その頃、剛拳の虎と呼ばれた「虎二郎」が服役を終え、出所日を迎えていた。

 

つづく…

極主夫道(ドラマ)|2話 ネタバレ感想【ヨガの例えに爆笑】ドラマ「極主夫道」2話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年10月18日放送。...

ドラマ『極主夫道』1話 感想

ドラマ『極主夫道』1話の感想です。

原作をご存知の方は辛口コメントも多かったですが、私は原作読んでないので、とても面白く拝見いたしました😌

竹中直人さんの演技や、志尊淳さんのガチ笑い。とてもツボりました!

ドラマ『極主夫道』次回のあらすじ

ドラマ『極主夫道』次回のあらすじです。

龍(玉木宏)は、かつてのライバル・虎二郎(滝藤賢一)と再会する。

虎二郎は“剛拳の虎”と呼ばれ、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だった。彼は刑務所から出所してきたものの、所属していた組がつぶれて行き場を失い、クレープを売っていた。

龍が専業主夫になったと知り、虎二郎は驚く。

「専業主夫? 笑かすなや!!」虎二郎に挑発される龍。龍と虎二郎は、にらみ合い、火花を散らす。その様子を見ていた雅(志尊淳)は、伝説の極道同士の戦いが始まると胸を高鳴らせる!

天雀会は、江口(竹中直人)の公務執行妨害をうやむやにする代わりに組を解散してしまうことに…。江口は金策に困り、雲雀(稲森いずみ)がスーパーで働き始める。しかし、雲雀は慣れない仕事をさせられて、失敗ばかり。彼女は、すっかり自信を失ってしまう。

そんな中、龍は、ダイエットのために運動を始める。美久(川口春奈)は龍に、フィットネスクラブに行くことを勧める。

龍は、火竜町婦人会の会長・田中の誘いでフィットネスクラブに体験入会する。そこには、隣町の水竜町婦人会の会長・山本も来ていた。龍は田中に、山本を紹介される。

火竜町と水竜町が参加する、食イベントが近付いていた。そのイベントで火竜町婦人会は今川焼の店、水竜町婦人会はたい焼きの店を出す予定だった。龍は田中に頼まれて、今川焼の店を手伝うことに。

山本は田中に、出店の場所を交換してほしいと持ち掛ける。出店の場所は売上に影響するため、田中は山本の申し出を断る。

その後、火竜町婦人会が出店の準備を進めていると、水竜町婦人会の嫌がらせと思われるトラブルが発生。

仲良くやっていた火竜町婦人会と水竜町婦人会の間に、不穏な空気が流れる。

龍も、この婦人会同士の争いに巻き込まれ…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事
error: Content is protected !!