ドラマネタバレ・感想

極主夫道|7話 ネタバレ*感想【ネオポリスガール声優は内田真礼】



玉木宏さん主演ドラマ「極主夫道」7が、2020年11月22日(日)に放送しました!

今回は龍と酒井が抗争を開始!しかし、隠し事はいけないですね。。

このページでは、ドラマ『極主夫道』7話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ『極主夫道』7話ネタバレ

ドラマ『極主夫道』7話のネタバレです。

20万円のフィギュア

家の掃除をしていた龍(玉木宏)。

すると!美久(川口春奈)が大切にしていた、ネオポリスガールのフィギュア『オーシャンポリス』をうっかり落としてバラバラにしてしまう💦

美久に見つかってはヤバいと、龍はバラバラになったフィギュアを庭に埋め隠した。

美久にバレる前に同じフィギュアを買ってごまかそうと考えた龍は、おもちゃ屋へ行くと、オーシャンポリスは20万円という高値だった💦

龍は店員に「0が2つ多い!高過ぎる」と文句をいう龍。

怯えた店員が警察を呼ぶと、酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)がやってくるも、酒井も美久と同じネポガオタクで、そのフィギュアをずっと探していた。

店長の安室は、20万という価格は定価でフィギュアは限定ものだと、いかに貴重なフィギュアかを説明される。

すると龍は、フィギュアのために20万円キッチリミミ揃えたる!と稼ぐ決意をする。

一方の酒井も、日々の食事を節約し空腹でフラフラになりながらも、絶対にネポガのフィギュアを手に入れると意気込んでいた。

酒井、龍とスムージー盃を交わす

それから、龍はゆかりがいる喫茶店や雲雀がパートするスーパーで働き、婦人会のバレーボールチームに参加して謝礼を受け取るなど、金を貯めまくる。

そしてようやく20万円を貯めた龍は、フィギュアを買うため、早朝からショップへ向かった!

その頃、休日の酒井も節約して貯めた20万を引き出し、ショップへ向かっていた…。

そんな中、龍がショップへ向かったあと、婦人会の田中(MEGUMI)と太田たちが家にやってきて、婦人会のカンパで集めた10万円を美久に手渡す。

意味が分からず返そうとする美久と、何も言わずに受け取って!という田中たちで、揉みくちゃになってしまう💦

////

その頃、同着した龍と酒井!

小競り合いながらフィギュアのもとへ向かうと、寸前で孫と一緒に来ていた爺ちゃんに買われてしまう…。

落ち込んだ2人は公園に行き、龍は酒井に事情を打ち明ける。

有り得ないと驚きながらも、ネオポリスガールについて力説する酒井に、龍は顔色悪いんちゃうか?といい、お手製のスムージーを渡す。

すると「これで盃かわした仲や!」と言い、今後はフィギュアの情報交換をして、2人で手に入れようとゴリ押しする龍。

龍の押しに負けた酒井は、しぶしぶ連絡先を交換した。。




普通の闇取引

一方、美久は婦人会が急に10万持ってきたと雅に相談すると、最近バイトをはじめていて理由も教えてくれないと伝えた雅。

するとゆかりから、先日に龍がラテアートの練習で失敗し

ラテの乱れは、心の乱れや!

やっぱ、隠し事なんてするもんちゃうな。。

と言っていたことや、喫茶店や他のバイトもすべて辞めたと聞かされる。

雅から、天雀会の雲雀や江口にも話が入り、龍の身に何が起こったのかと心配の声が広がっていた。

////

一方、聞き込みと称して、ネポガの入荷情報を仕入れようとする酒井。

すると、ショップの店長から「レアもののネポガグッズを専門に扱う、幻のおもちゃ屋がある」と言われる。

場所は不明で、作品にまつわる場所にあるのではという噂らしい。。

ところがそのおもちゃ屋で買うときは

ネポガへの愛を証明するため、キャラ2人の名乗りをポーズつきで披露しなければならない。

それぞれの役に分かれて、2人で!

と、知らされる。。

////

その頃、龍は美久と向日葵から「全部正直に話してほしい!」と追い詰められ、話そうとするも酒井からメッセージが入り、急いで家を出る。

龍は酒井から事情を聞くと、ネポガの名乗りとポーズを描いた絵を渡され、明日からさっそくオモチャ屋を探すと言われる。

その代わりにと、龍が酒井にマルチビタミンを渡すと、

酒井の先輩警官・佐渡島に受け渡しの様子を目撃されていた…。

奇跡の種

一方、龍を心配する美久は、雅から「病気ではないか」と言われますます不安になる。

その頃、交番を抜け出した酒井は、龍と一緒にネポガにまつわる場所を捜索。その背後には2人を怪しむ佐渡島に尾行されていた。。

その後、ネポガ本作で悪党が闇取引する場所へ到着する。

すると本当に怪しい取引が行われており、

酒井と龍は名乗りとポーズを決めたが、本当に闇取引の現場だった💦

銃を向けられる酒井と龍だったが、龍は酒井を鼓舞し2人で闇取引の悪人たちを成敗!

そこへ佐渡島たちが現れ、クスリの取引現場を押さえたことで酒井は褒めちぎられた。

「幻のおもちゃ屋、とんだガセネタやったな…」

と言いつつ龍が自宅に戻ると、美久に抱きつかれる。

病気のことを早く言ってほしかったという美久に、病気ではないと伝えると、じゃあなんでバイトなんかしてたの?と聞かれた龍。

すると、中庭で土を掘る雅を発見!

慌てて止めるも、龍を心配して「奇跡の種」を埋めようとしていた雅は、壊れたフィギュアの入った鉄の缶を発見する💦

とうとうバレてしまい、龍は美久に首を絞められた…。

 

つづく…

ドラマ『極主夫道』7話 感想

ドラマ『極主夫道』7話の感想です。

ドラマ『極主夫道』次回のあらすじ

ドラマ『極主夫道』次回のあらすじです。

龍(玉木宏)は美久(川口春奈)から、スイーツカフェのチェーン店・ちぇりーぱふぇぱふぇが近所に新しくできると聞く。

美久の話によるとおいしいスイーツがあるらしく、行きたくなる龍。

ちぇりーぱふぇぱふぇが開店して以来、ゆかり(玉城ティナ)が勤める喫茶店や火竜町商店街の店には客が来なくなってしまった。

ちぇりーぱふぇぱふぇは、あちこちに出店して地元の店を潰してしまうため“スイーツギャング”と恐れられていた。そのことを知った雅(志尊淳)は、ちぇりーぱふぇぱふぇと話を付けてくると意気込む。

雅は、ちぇりーぱふぇぱふぇのオーナー・リサに会いに行く。しかし、リサに理路整然とまくしたてられ、雅は圧倒されるばかり。

龍は雅に、一緒にスイーツギャングと闘ってほしいと頼まれる。

そんな中、雲雀(稲森いずみ)が、大変なことが起こっていると龍と雅に伝える。店員を引き連れたリサがスーパーで酒やつまみを大量に買い込みながら、ヤクザと組んで賄賂をばらまいて火竜町を乗っ取る企みを話していたというのだ。

龍は、火竜町を守るために一肌脱ぐと宣言する。

龍は、ちぇりーぱふぇぱふぇに対抗できるおいしいスイーツを作ろうと考える。

そんな龍に田中(MEGUMI)が「自分の店を持ってみない?」と持ち掛ける。田中は、地域を取り仕切る影の顔役たちによる組織・八竜会を紹介すると言う。

八竜会は8つの町の婦人会会長で構成され、多くの主婦たちを動員できる力を持っていた。八竜会に、にらまれれば存在自体を消されてしまうと、江口(竹中直人)も恐れるほどだった。

龍は、八竜会の定例会議に向かった。八竜会の会長は、金竜町婦人会会長で“甘味王”とあだ名される福田。

龍は、福田をはじめとした八竜会の最強主婦たちと対面し、協力を申し入れるが…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ドラマ【極主夫道】ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!