ドラマネタバレ・感想

この恋あたためますか(ドラマ)|2話 ネタバレ感想【太賀の当て馬感(特盛)】



この恋あたためますか「第2話」が、2020年10月27日(火)に放送されました!

2話では、森七菜さん演じる「樹木」と石橋静河さん演じる「里保」の、スイーツ対決が行われます🔥

このページでは、この恋あたためますか「2話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ「この恋あたためますか」2話 ネタバレ

ドラマ「この恋あたためますか」2話のネタバレです。

里保 vs 樹木

シュークリームを完成させ、見事に採用された樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)だったが、社内で新たなアイデアが提出された。

アイデアは商品部スイーツ課の里保(石橋静河)で、樹木はどちらのアイデアを商品化するか対決することになった。

さらに対決に負ければ、樹木のシュークリームはボツ扱いに?

しかし勝てば、正式にスイーツ課へ採用すると拓実に言われ、気合いが入る樹木。

一方、エクサゾンに辞表を提出し、退路を経った拓実の行動を怪しむ専務の神子(山本耕史)は、社長室の智子に拓実の思惑を探ってほしいと依頼した。

////

ココエヴリィのスイーツ課の商品部に到着した樹木は、美味しかったと絶賛される一方で、

  • 原価率が230円を超える。
  • 消費者がコンビニシュークリームに出せるギリギリの値段は、160円。

と指摘され、里保が提案した企画は160円に収まっていた。

樹木のシュークリームも売値の範囲内で同じ味を再現するため、商品部が物流・コスト・原材料を調達することに。

シュークリーム対決は、2週間後に決定した。

もちろん、こっちの味方だよね?と聞く樹木に、拓実は「売れる方の味方だ」と告げた。

不満タラタラの商品部

その後、樹木と誠は安い材料を使っての商品開発に手こずる中、里保たちは着々とシュークリーム作りを進めていた。

一方、エクサゾン社長の都筑が訪れ、拓実に「お前を買ってたのに、残念だよ。」と退社を悔やむ都筑。

すると拓実は都筑に、

今後は、対等な関係です。

ココエヴリィなんて、なんの興味もない。せいぜい、利用させてもらいますよ。

と、薄ら笑っていた。

////

翌日、樹木は商品部の土屋から原価割れの資料を見せられ、バター・卵・牛乳などより安価な材料を使うよう求められた。

そこで、スーからもらったベトナムのチョコを渡し、このカカオを使いたいと提案するも、

コンビニは畑を1〜2年単位で契約していて、全国のコンビニに置かれる商品に、調査もしていない原材料を使えるわけねーだろ!

と言われてしまう。

樹木に不満タラタラな商品部だったが、里保は樹木のベトナムのチョコを食べると「美味しい✨」と告げ、リサーチに出ていった。




里保は拓実の元カノだった。

作業中の誠と樹木は食事に呼ばれ、里保と樹木を加えた4人で食事をすることに。

ぎこちない2人を怪しむ樹木は、誠に「あの2人なんかあんの?」と問い詰めるも、ごまかされてしまう。

帰り道、里保と2人で歩いていた拓実は、里保から手を握られるも「もう何も感じないね。」と言われてしまう。

一方、酔いつぶれた樹木は誠に送ってもらうと、部屋では上目黒店のメンバーが集合して鍋パーティーをしていた。

鍋パでは、スーから樹木のアイドル時代の苦悩を聞かされ、

手前だけどんどん売れ残っていって、期限が切れて捨てられる。

終わった人ってこと…

と、樹木が以前言っていたことを思い出す誠。

翌日、飲みすぎてグデングデンの誠と樹木をよそに、里保はどんどん企画を進めていた。

これまで数多くの企画を提出したが、里保は元スイーツ課の課長・智子にすべて却下され、はじめて通った企画だった。

それを聞いた樹木は、なおさら負けらんないと気合を入れ直した。

中村倫也のジャケット vs 仲野太賀が持ってきた会社の毛布

夜遅くまで安い原材料で試行錯誤する樹木と誠たちのもとに、スイーツ課のメンバーがやってきた。

土屋が厳しい口調で早く帰って寝ろ!と告げると、樹木は

負けたくない!

今度は、今度は選ばれたい!

今度は勝ちたいんです!

だから、やらせてほしいんです。

あの味、社長が美味しいって言ってくれた味を再現できるまで、何時間だって何度だってやります!

だから、お願いしますっ!

と、必死にスイーツ課のメンバーに頭を下げて訴えた。

翌朝、スイーツ課の土屋と藤野は樹木の気迫に心を動かされ、朝イチでベトナムまで原材料の買い付けに飛んでくれた。

土屋と藤野の買い付けが成功し、樹木&誠チームのシュークリームは無事に完成✨

樹木と誠に牛丼を差し入れに来た拓実は、徹夜で疲れて寝ていた樹木を見つけると、自分のジャケットを掛けてあげた。

しかしその前に、本当は誠が樹木に掛けてあげようと会社の毛布を取りに行っていた。

社員証 発行申請書

審査会では、満場一致(10-0)で里保のシュークリームが採用された。

耐えきれなくなった樹木は「もう部外者だし…」とその場を飛び出し、ココエヴリィ本社の階段で号泣していた。

しんみりするスイーツ課のメンバーに、智子は樹木のシュークリームを褒め、樹木のお陰でスイーツ課に新しい風が吹いてると告げる。

一方、誠は暗くなるまで、電話を掛けつつ必死に樹木を探していた。すると、樹木が電話に出た。

しかし相手は誠ではなく「拓実」で、公園でションボリする樹木のもとへやってきた。

拓実は樹木に、

コンビニはどこも同じだが、スイーツはトレンドをキャッチできれば他と大きく差別化できる。

そこが活性化すれば、ココエヴリィ全体が変わる。

君がいたから、北川さんは企画を出した。

君がいたから、スイーツ課はチームワークを見せた。

君の存在が、スイーツ課のプライドに火を着けた。

あのシュークリームが出来たのは、君がいたからだ。

と告げると、ジャケットをクリーニングしてもう一度返しに来いと渡される。

拓実のジャケットを見ると「社員証 発行申請書」が入っていて、樹木は「顔写真撮って、明日持ってこい。」と言われた。

そんな2人を、誠は見つめていた。

 

つづく…

この恋あたためますか(ドラマ)|3話 ネタバレ感想【無理して笑うな】ドラマ「この恋あたためますか」3話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年11月3日放送。...

ドラマ「この恋あたためますか」2話 感想

ドラマ「この恋あたためますか」2話の感想です。

どうぞ??

ドラマ「この恋あたためますか」次回のあらすじ

ドラマ「この恋あたためますか」次回のあらすじです。

樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が開発して商品化が決定したシュークリームの配送テストを手伝うことに。浅羽(中村倫也)に必要とされたことに喜びを感じた樹木は、商品化に向けてまい進する。

そして、共に作業をこなす中で樹木と里保は徐々に打ち解けていくが、テストをクリアできずに里保は焦りを覚える。

そんな中、新商品の発売日が迫ってくる。

万が一を考えた浅羽はある策を講じることに。それを聞いた樹木、新谷(仲野太賀)、里保は複雑な思いになる。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ドラマ『この恋あたためますか』キャストはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!