ドラマネタバレ・感想

この恋あたためますか(ドラマ)|3話 ネタバレ感想【無理して笑うな】



この恋あたためますか「第3話」が、2020年11月3日(火)に放送されました!

3話では、もう切ないです…。

そして、セブンイレブンとの共同制作スイーツ『恋する火曜日のチョコっとリラックシュ〜』がバカ売れ中です!!

このページでは、この恋あたためますか「3話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ「この恋あたためますか」3話 ネタバレ

ドラマ「この恋あたためますか」3話のネタバレです。

就職祝い

樹木(森七菜)は、商品化が決定したシュークリームの配送テストを手伝うことになった。

コンビニにテスト品が到着し確認すると、シュークリームは配送の影響で一部にダメージが加わっていた。

////

樹木は自宅で、クリーニングを終えた拓実のスーツを見てニヤつく?

その後、拓実にスーツを返却した際、前から気になっていたんだが…と言われキュンする樹木だったが、洋服屋へ直行。

樹木がカジュアルな装いで出勤するのが気になっていた拓実は、樹木に似合う服や靴を片っ端から選び、買ってくれた。

合計金額は、272,250円(税込)になってしまう?

拓実は樹木の給料天引きと言い出すもそれは冗談で、就職祝いで良い…と言ってくれた?

焦る里保

〜翌朝〜

樹木は早速、拓実から買ってもらったセットで出社する。

その頃、拓実と会っていた誠は、樹木が嬉しさのあまり自分の名刺を社内の人間に配っていると告げる。

そして、

次こそは自分が作ったスイーツを選んでもらう。

社長のためにも頑張りたい。

と樹木が語っていたことも伝えたが、拓実は

オレの一番嫌いな言葉だ。

誰かのために…、そんなのに決まってる。

と受け付けてもらえなかった。。

////

商品開発で共に作業をこなす樹木と里保は、外食をしたり自分の本音や過去を打ち明けたり、徐々に打ち解けていった。

ところが肝心の配送テストがクリアできず、商品リリースまであと3日と迫った里保は焦りを隠せなかった。

拓実は間に合わなった場合を考え、念のため、樹木が以前作ったシュークリームも配送テストを行うことに。

それを聞いた、樹木・誠、里保は複雑な想いになる。

配送テスト、最終日を迎えた。




樹木のスピーチ

その後、新商品発表会が行われた。

多数のマスコミが集まり発表されたスイーツは、なんと!樹木が作った『恋する火曜日のチョコっとリラックシュ〜』だった…。

その後、開発部の樹木が登壇し、メディアに向けて説明することに!!

元地下アイドルの樹木は「ステージに慣れてるから!」と誠に意気込み、乗り込んでいったがガチガチに緊張していた。

その様子を、社内のPCで涙ぐみながら見ていた里保。

マスコミから、商品開発のコンセプトやターゲットにした年齢層を聞かれた樹木は、

ターゲットは、社長です!

社長はウソつかないから…、です。

ムカつくから、絶対美味しいって言わせてやるって思って、そう思って作りました!

でも最後は、美味しいって言ってくれたんです。

社長はウソつかないから、すごく言葉を信じられる。社長が美味しいって言ったら、本当に美味しいってことだから。

スイーツは、喜ばせたい相手を思って作るべきです。

お客様にも、喜ばせたい人、一緒に食べたい人、いると思います。

そんな大事な人のことを思って、買ってほしい。

そんな、シュークリームです。

最初は笑っていたマスコミたちも、最後は拍手?してくれた。

その後、樹木のもとを専務の神子が訪れ、これからも期待してますよ?と言われ、笑顔になる樹木だった。

一方、拓実はエクサゾンの社長と裏で話していた。

すでに数社から声を掛けられていると告げる拓実は、

選択権を持っているのはあなたではなく私です。

と告げ去っていった。

『恋する火曜日のチョコっとリラックシュ〜』バカ売れ

エレベーターで拓実と会った樹木は、自分が繰り上がり当選したことや里保に申し訳ないとを嘆く。

すると拓実から「仕事は結果がすべてだ」と言われ、「里保は気持ちを切り替えすでに前に進んでるから安心しろ」と言われた。

翌日より、樹木が考案したシュークリームが店頭に並んだ。

樹木は誠と元バイト先の上目黒店を訪れ、みんなの計らいで記念すべき1個目のお買い上げのレジを担当した。

店員のみんなも大喜びで、樹木は誠に抱きついた✨

その後も、チョコっとリラックシュ〜は売れまくり、本社の売上報告書では前年のココエヴリシューと比較すると昨対200%以上の売上だった✨

一方、これまで辛口評価する側だった樹木は、レビューを見る側に回り、SNSのハッシュタグ

『#チョコっとリラックシュ〜』
投稿1000件以上

を押す手が震え、開発者の気持ちが分かったと怖れていた。

すると誠は

オレもめっちゃ怖い。

でも、なんて言われたとしても、受け入れられると思う。

樹木ちゃんとオレが一緒に作った最初の1個だから。

きっとこの先、何十個も何百個もスイーツを作ると思う。でも、オレ一生お忘れない。

俺たちが作った、最初の一個。

勇気づけられた樹木は「私も一生忘れない!」と、意を決してSNSのレビューをチェック!

すると、ココエヴリィを代表するスイーツになるかもしれませんね。など、多くの有り難いコメントが寄せられていた。

その頃、専務の神子が「ココエブリィ」の株価をチェックすると、樹木のシュークリームのお陰で株価が跳ね上がっていた。

神子は「浅羽…、狙いはなんだ…。」と、険しい表情をしていた。

無理して笑うな

一方、エレベーターで里保と会った拓実は少し会話するも、別れ際、無理して笑顔を見せる里保が気になっていた…。

そんな中、樹木は誠に送ってもらい本社へ到着。

樹木は、商品化された『恋する火曜日のチョコっとリラックシュ〜』を拓実に届けようとていた。

あんまりいい気はしない誠が「なんで拓兄ぃに渡そうと思ったの?」と理由を尋ねると、

これ作らせてくれたの社長だし。
お礼とか直接したいなぁと思って。

と返答する樹木に、誠は「そっか?樹木ちゃんと拓兄ぃにとっても最初の1個だもんね」と感情をごまかす。

誠は、嬉しそうにオフィスビルへ入っていく樹木の後ろ姿を見て、切ない表情をしていた。

その頃、誰もいないオフィスに1人でいた里保。そこへ拓実がやってきた。

里保。

笑わなくていい。無理して笑うな。

里保は「止めてよそういうの。」と一気に感情が溢れ、涙が流れてきた。

里保の肩にそっと手を寄せる拓実に、里保は抱きついた。

そして「ホントは悔しかった、悔しい…」と涙を流す里保の頭を、拓実は撫でながら慰めた。

その様子を、樹木はガラス越しに見ていた。

 

つづく…

この恋あたためますか|4話 ネタバレ感想【新谷誠、動きます】ドラマ「この恋あたためますか」4話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年11月10日放送。...

ドラマ「この恋あたためますか」3話 感想

ドラマ「この恋あたためますか」3話の感想です。

ドラマ「この恋あたためますか」次回のあらすじ

ドラマ「この恋あたためますか」次回のあらすじです。

浅羽(中村倫也)と里保(石橋静河)が抱き合っているところを見てしまった樹木(森七菜)。

開発したシュークリームが発売され、社長室に呼び出されるが、浅羽を直視できない。そんな中、新たなプロジェクトが立ち上がる。

里保をリーダーに樹木と新谷(仲野太賀)の3人は、リンゴを使ったスイーツ作りの開発に取り掛かることに。しかし浅羽と里保のことが気になり、樹木は作業に集中できずにいた。

一方、新谷は里保から「浅羽に抱きしめられた」と聞き……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ドラマ『この恋あたためますか』キャストはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!