ドラマネタバレ・感想

恋する母たち(ドラマ)|2話 ネタバレ感想【壁ドン*路地裏キス】



ドラマ「恋する母たち」第2話が、2020年10月30日(金)に放送されました!

母たちそれぞれの、恋が動き出します!

このページでは、ドラマ「恋する母たち」2話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「恋する母たち」2話あらすじ

ドラマ「恋する母たち」2話のあらすじです。

石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。

杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。

杏たち3人の母親には、人に言えない悩みや心の傷があった。

杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。杏はそのことを相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。

キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だ。

セレブ主婦のまりの悩みは、弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、チャリティー・パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。

ある日、再び斉木が杏を訪ねてきた。

そして思いもよらない事実を告げられる…。

引用:公式サイト

ドラマ「恋する母たち」2話 ネタバレ

ドラマ「恋する母たち」2話のネタバレです。

慎吾は港洋一に

杏(木村佳乃)は久々に、斉木(小泉孝太郎)と再会。

斉木は8年前に離婚し、現在の記者の仕事に就いたという。さらに、斉木は杏の夫「慎吾(渋川清彦)」らしき人物と会った、と話しだす。

斉木は現在、週刊誌の記者をしていて、取材で与論島に行った時に与論島のガイド「港 洋一」という人物が慎吾と瓜二つだったという。

港はどうやら、事故で記憶を失くしていたようだ。

港は「島の住人が快く受け入れてくれ、過去は捨ててしまおうと考えた」と、斉木に語っていたという。

そして港には現在、妻がいて連れ子と暮らしてた。

島の住民に聞き込みをすると、港は11年前に駆け落ちしてきたが崖から落ちて記憶をなくし、女は逃げてしまったと判明。

斉木は、港が石渡慎吾だと思うが確証がなく、港に「斉木由香と石渡杏を知っているか」と聞くも知らないと返答される。

斉木は杏に「その人は感じがよくて島でも評判がいい」という噂を伝えると、杏は慎吾だろうと悟った。

優子へ猛アプローチの赤坂

一方、エレベーターに閉じ込められた優子(吉田羊)と赤坂(磯村勇斗)は、2人きりに。

「課長」と呼ばれるのが嫌いだと言う優子に、赤坂は「じゃ、林さんで」と、この時から赤坂は林さんと呼ぶようになった。

「林さんみたいな人だったら夢中になれるかな」と、言い出す赤坂。

「それ、セクハラ」と言う優子に、「でも林さんて最高ですよ」と赤坂の言葉を真に受けない優子。

「じゃぁ、欠点もあげましょうか」と赤坂が言ったその時、エレベーターが動き扉が開いた。

エレベーターから外に出ると、優子はさっき赤坂が言いかけた欠点を尋ねると、赤坂は「林さんの一番の欠点は結婚していること」と赤坂。

唖然とする優子は「飲みに行こう」と言う赤坂についていくと、ホテルを指さし「あそこに入りましょう」と言い出す。

優子はそのまま帰っていった。

////

まり(仲里依紗)は、丸太郎(阿部サダヲ)とのことを思い出し、1人でニヤニヤしていた。。

丸太郎から「今度、温泉行こうね」とメッセージが届き、「下心丸出し、最低」と返信した。

怒りとか恐怖の延長戦にも

杏は帰宅し、研(藤原大祐)に「お父さんが見つかった」と告げる。

しかし研は興味がなく、「会いたいなら邪魔はしない」と部屋に入ってしまった。

まりは杏に電話し「丸太郎に恋している」と伝えると、杏から「それは性欲」だと言われる。すると「恋と性欲は違わない」と言い返すマリ。

「怒りとか恐怖の延長戦にも性欲はあるの」と、過去の経験からの持論を伝える杏。

////

優子が起きると、シゲオが朝食の用意をしていた。

シゲオは与論島で同窓会があるから、大介(奥平大兼)を連れて一緒に行こうといい出し、優子は許可した。

そこに大介が部屋から出てきて、数学の試験問題の予想をしたので、杏の息子・研と、マリの息子・繁秋に渡して欲しいと優子にレポートを渡した。




赤坂壁ドン

優子が出社すると、赤坂は「素敵だなと思った人がたまたま人のものだった」と発言!

優子は冷静を装うが、内心はドキドキ?していた。さらに赤坂から突然に壁ドンされ、戸惑う優子。。

仕事中も赤坂が気になるも「人妻はよしなさい」とこっそり伝える優子に、赤坂は何も答えようとしない。

////

一方、杏は義母の綾子(夏樹陽子)に慎吾の件を報告すると、旅費を出すので確かめてきてほしいと頼まれた。

優子の呼びかけで、杏・優子・まりの3人はファミレスで落ち合う。

不倫の話になり、優子はまりに「ご主人にとって大切なのは、まりさんとお子様」と告げ、大介から預かった数学のレポートを杏とまりに渡す。

優子は夏に与論島に行くといい、酔った杏は「夫が駆け落ちし、与論に行った」とぶっちゃける。

3人は酔っ払い、優子の家族とともに杏も与論島へ行くことになった。

のり子のタレコミ

斉木の働く編集部に匿名のタレコミ電話が入った。

斉木が電話を受けると、電話の相手はマリの夫の愛人「のり子」だった。

タレコミは「落語家の丸太郎が人妻と不倫をしている。」という内容で、相手の女性について詳しく話し「人妻の息子が麻蔵高校に通っている」と暴露した。

////

そんなマリは、丸太郎の熱烈なアプローチに落ち再会。

「会いたかったよ」という丸太郎にマリは、自分も会いたかったこと気づいた。

そして「旅行に行こう」と言い出す丸太郎に、マリは「家庭があるから」断るも、路地裏でこっそりキスをしてその日は別れた。

////

斉木は杏に、マリと丸太郎のタレコミの件で連絡。

丸太郎の相手がマリだと分かり、斉木・杏・マリの3人で会うと、マリはタレコミした人物が杏だと思い込んでいる。

「丸太郎とはそういう関係じゃない」というマリに、丸太郎とマリがキスしていた写真を見せる斉木。

「軽率な行動はスキャンダルになるから、気を付けたほうがいい」と、釘を指す斉木は、記事にはしないことを約束。

さらにその証拠に、まりの目の前で写真を消去した。

しかしマリの興奮は収まらず、喫茶店から出ていってしまった。

まりは慌てて丸太郎に「もう、会わない。私のことは忘れて」連絡すると、丸太郎から「バレないようにしよう」と説得された。。

その後、変装デートするも逆に目立っていた…。

杏、ついに慎吾と対面!

杏は与論島へ向かう当日、斉木に電話を入れ

これから与論に行きます。

記憶喪失でもそうでなくても、会って話したいと思います。

前に進みたいので。

と伝えると、斉木は「戻ったら、連絡ください」と告げた。

優子は仕事で遅れて与論島へ行くことになり、杏・シゲオ・大介の3人は先に与論島へ到着した。

優子は部下の小森と出張の予定が急遽行けなくなり、赤坂が行くことに…。

////

一方、杏はホテルに到着。

港のもとへ向かうと、慎吾から「石渡杏さんですか?」と問いかけられ、杏は茫然とした…。

 

つづく…

恋する母たち(ドラマ)|3話 ネタバレ感想【もう我慢できないです俺!】ドラマ「恋する母たち」3話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年11月6日放送。...

ドラマ「恋する母たち」2話 感想

ドラマ「恋する母たち」2話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事ドラマ【恋する母たち】キャスト・ネタバレはこちら

関連記事
error: Content is protected !!