ドラマネタバレ・感想

リモラブ|2話 ネタバレ感想【檸檬は松下洸平】



リモラブ「第2話」が、2020年10月21日(水)から放送スタートしました!

第2話では、朝ドラスカーレットで大注目の俳優「松下洸平」さんが、檸檬として活躍されています😌

このページでは、リモラブ「2話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

リモラブ「2話」ネタバレ

リモラブ「2話」ネタバレです。

檸檬との別れ

ある日、青林(松下洸平)から意味深に食事に誘われた美々。

青林が檸檬なのかと思い浮かんだが、青林は営業部の沙織(川栄李奈)と付き合い始めたばかりで、美々は青林の檸檬説を完全に否定する。

そんな中、檸檬から会いたいと連絡が入り、檸檬が誰なのか知りたくなった美々は、SNSのやりとりで得たヒント

「尿酸値5.29」

をもとに、社内の健康診断データから檸檬の捜索を開始!

結果、一致した

  • トンカツ:朝鳴(及川光博)
  • 豚骨ラーメン:岬(渡辺大)
  • ビーフジャーキー:五文字(間宮祥太朗)
  • 海苔の佃煮:深杉(今井隆文)

の4名が、美々の特別健康診断を受けることに。。

健康診断に全く関係ない、

「レモンは好きか?」
「コンピューターゲームはやるか?」

美々からの質問に、きちんと答える男性陣。

そして診断の結果、「檸檬」の有力候補は朝鳴と出た?

トンカツが最高のステーキ?…

現実を受け入れられない美々は、檸檬に別れを告げた。

檸檬さん、お逢いすることは出来ません。

今までありがとうございました。
さようなら。

草モチより

すると檸檬は、

僕は草モチさんが誰であっても良かった。
草モチさんだから楽しかった。

お元気で。

と、美々を気遣う返事をくれた。

実は青林が美々を居酒屋「おと」に誘ったのは、美々に好意を寄せている五文字(間宮祥太朗)に頼まれてのことだった。




檸檬の正体は青林(松下洸平)だった!

檸檬からの返事に心動かされた美々は、「正体が朝鳴でも失いたくない!」と思い、
朝鳴のもとに駆け付ける。

そして感極まり、朝鳴に「檸檬さん!」と叫ぶ美々だったが、朝鳴は「誰?」と一言。。朝鳴が「檸檬説」は間違いだった…。

////

その頃、沙織は青林に「草もち」にちゃんと別れを告げたか問いただしていた。。

青林は気持ちはなかったと言い、「檸檬」と「草もち」のやりとりを我孫子に見せ、最後のメッセージ「さようなら」を確認してもらう。

すると沙織は「草モチのこと、さよなら言ってくれてありがとう」と、告げた。檸檬の正体はやはり青林だった。

青林はレモンが苦手だったが、沙織の手料理でレモン嫌いを克服していた。

とはいえ、沙織はつづけて

内緒で彼女以外と5カ月も連絡するなんてあり得ない!

二度と私の知らないところで誰かと勝手に繋がったりしないでよ!

と青林に釘を差した。。

 

つづく…

リモラブ|3話 ネタバレ感想【あんた誰?と我孫子のキワドい発言】ドラマ「#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜」3話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年10月28日放送。...

リモラブ「2話」感想

リモラブ「2話」の感想です。

リモラブ 次回のあらすじ

「リモラブ」次回のあらすじです。

「檸檬」の正体は、朝鳴(及川光博)でもなかった。

美々(波瑠)はスマホに残る「檸檬」とのやりとりを、居酒屋で愛おしく振り返る。

そんな中店員の栞(福地桃子)が、五文字(間宮祥太朗)が「檸檬」ではないか?と言い出す。美々に惹かれてると言っていたらしい。

驚く美々の前に、なんと五文字が現れ「僕が檸檬です」と宣言、美々にSNSをやめ、ちゃんと彼女になってほしいと告白する。半信半疑ながらも檸檬=五文字を受け入れる美々。

日曜日、初デートを体験する美々と五文字。

一方、青林(松下洸平)は我孫子(川栄李奈)のスマホにかかってきた着信相手の名前を見てショックをうける。

業を煮やした栞は彼氏の八木原(髙橋優斗)と五文字を美々の家に連れてきて、ダブルデートをすることに。ところがその先には、美々の恋が裏切られる衝撃的な出来事が待っていた…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【#リモラブ】キャスト・各話のネタバレ

関連記事
error: Content is protected !!