ドラマネタバレ・感想

先生を消す方程式(せんけす)|2話 ネタバレ*感想【人生-友達=幸せ】



ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」第2話が、2020年11月7日(土)に放送されました。

いきなり黒幕として暴露中の、山田裕貴さんの演技に注目です!

このページでは、ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」2話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」2話 ネタバレ

ドラマ「先生を消す方程式」2話のネタバレです。

義経の過去。

頼田(山田裕貴)にあおられ、藤原刀矢(高橋文哉)から“先生を消せ”と命じられた剣力(高橋侃)。

一方、義澤(田中圭)は静(松本まりか)の見舞いに病院を訪れていて、静に

もしかしたら君を喜ばすことができかもしれない

と過去を思い返していた。

義経の過去に、静に婚約指輪を渡そうとしていた時に「静が倒れた」と連絡が入る。

義澤が病院に駆け付けると静に意識はなく、人口生命維持装置なしでは生きられない状態になっていた。

薙(森田想)の父が悪事を働き、会社を追放され社長から退いた。

「もう友達ではいられない」と弓に言われるも、友達でいたいため弓にすがる薙。

宮下加奈(榊原有那)や早川京子(川瀬莉子)に影でパパ活をさせ、金を稼がせていた薙に弓は「自分でパパ活すれば」と言われた…。

朝日から薙への忠告

不登校の生徒「伊吹命(秋谷郁甫)」が気になっていた義経は、命の自宅へ行こうと考えていたが朝日から止められる。

しかし、義経は朝日の助言を無視し命の家を訪ねた。

黒魔術にハマっている命に、義経は命の部屋にあった魔術書「ネクロマンシー」を見つけると、義経も読んだと話す。

義経は、自分の婚約者が寝たままなのだと告白。

彼女が死んだら蘇らせると本気で思った。

その時に魔術書を読んだ。周りからバカにされた。

でもこの気持ちは大切な人を失った人間にしかわからない。

と、命の耳元で囁いた。

朝日/頼朝(山田裕貴)の狂気

朝日は薙に

お父さん大変みたいだね。

君は普通になっちゃうね。刀矢君たちとは同じじゃなくなっちゃうね。

君がパパ活させていた人もしなくなっちゃうね。

でも、刀矢君たちと同じステージにいられる方法がある。

と告げ、こっそりと義経の背中を押し突き落とす方法があるという。

同じステージにいられる方法、それは義経を殺す事だった!

////

職員室にて。

義経の机の引き出しに手紙が入っていて「音楽室で待ってます」と書かれていた。手紙を出したのは薙で、義経は待ち合わせの音楽室に向かう。

するとその時、薙が背後から義経の背中を押し階段から転げ落ちてしまう!頭から血をだす義経を見て薙はそのまま走って逃げた。

薙は「義経を消した」と刀矢に告げると、刀矢からは「良い子だ」と抱きしめられた。




義経の方程式

3Dの教室。

義経が死んだかもと噂する中、命が登校してきた。

朝日が教室に入ってくると、義経が階段から足をすべらせ、意識がなく危険な状態だと生徒に報告する。

刀矢は「俺、先生好きだったのに〜」と言っていると、そこへ義経が入ってきた。そして、生徒たちに話し始める。

人生はある日、突然まさかのことが起きる。

私の彼女は入院しています。生命維持装置がないと生きられません。

彼女は街中を歩いていたら、何者かに階段を突き落された。首の骨を折って、意識がなくなった。

犯人は捕まっていないが、教えていた生徒だろう。彼女は正義感が強くうざいと思っていた生徒がいた。

A君は、いじめられていた。そして、いじめっこの生徒から「殺してこい」と命令された。

そしてA君はいじめが止まってほしくて、彼女を突き落した。

「なぜ、その生徒は捕まらないのですか」という朝日に、義経は「証拠がない」と言う。

そして「人生にはまさかのことが起こる。薙さん、そう思いませんか?」と言い、義経は薙のことをA子さんに例えて話し始める。

A子さんの父親は会社で問題を起こし、社長じゃなくなった。

A子さんは、必死になる。友達になるためには何でもする。

人生-友達=幸せ

人生に友達なんていない方が幸せです。

友達がいなくなることにおびえだす。友達が友達でいるために自分が自分でなくなる。

義経の話に、そんなことない!と反論する薙。

義経は「宮下さん、早川さん、あなたたちがこれから、薙さんの言うことを聞く必要がありますか?」と尋ねると、

宮下と早川は「薙とは友達でいられない」とハッキリ答えた。

薙さん、あなたは友達でいたい人にとって価値のない人になりました。

自分を捨ててまで必要な友達なんていないんだよ。ひとりで生きろ!薙さん、自分を取り戻しましょう

もしよければ、手助けをしましょうか。

今の君には何もない、でも私がいます。

と、薙に手をさしだす義経。

すると、薙は涙をこぼしながら義経の手を握る。「はい、仲直り!」と言った途端、義経は倒れてしまった。

教室を出ていこうとすた薙は、刀矢から「失敗したね、ひとりで生きる?」と言われた。

朝日に抱えられ廊下を歩く義経に「犯人、捕まるといいですね」という朝日。

すると義経は、

犯人さがして見つけたんです。
犯人は、あなたですよね?

と告げる。

 

つづく…

先生を消す方程式(せんけす)|3話 ネタバレ*感想【恋(人生-自分)=無様】ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」3話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年11月14日放送。...

ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」2話 感想

ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」2話の感想です。

ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」次回のあらすじ

ドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」次回のあらすじです。

担任教師・義澤経男(田中圭)を“消す方程式”を立てる――

そう決めたものの、剣力(高橋侃)に続いて大木薙(森田想)まで失敗してしまったことに、藤原刀矢(高橋文哉)は激しく苛立ち、「僕が頼れるのは君だけだ」と長井弓(久保田紗友)に甘く語りかける。

実は、2年前、弓は有名医師の母・華(青山倫子)の“裏切り”に傷ついたところを刀矢にやさしくなぐさめられ、以来、彼に恋心を抱いていたのだ。

刀矢に認められたい一心で弓は実行を決意するが、そこへ副担任・頼田朝日(山田裕貴)が出現。義澤を消すのに、とてもいい方法があると弓を焚きつける。

実行当日、弓たちはなぜか”能面”をつけて義澤の前に現れるが、いったいそれはどんな計画なのか…!?

そして、恋のために暴走した弓の策略により、義澤の命の灯火はついに消えてしまうのか…!?

そんな中、朝日は薙にも接近。朝日から義澤の弱みを握るよう促された薙は、義澤の恋人・前野静(松本まりか)の入院先を調べる。それは奇しくも、華が勤める病院で…!?

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ドラマ『先生を消す方程式(せんけす)』キャスト・ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!