ドラマネタバレ・感想

危険なビーナス(ドラマ)|1話 ネタバレ感想【楓あやしい説】



妻夫木聡さん主演のドラマ「危険なビーナス」第1話が、2020年10月11日(日)からスタートしました!

このページでは、ドラマ『危険なビーナス』1話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ『危険なビーナス』1話ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』1話のネタバレです。

久々に八神家へ

いつものように、池田動物病院で診察をしていた手島伯朗(妻夫木聡)。

池田動物病院にはペットを育てる、高収入で気品にあふれた独り身の女性がよく訪れており、伯朗は診察しつつ結婚相手を探していた。。

そこへ伯朗どストライクの美女・楓(吉高由里子)が突然、病院を訪れてきた。

伯朗はとっさに、

すると楓は「ずっとあなたのことを見ていました。」と、いきなり伯朗に抱きつき、少しだけこのままに…。と耳元で囁く。。

というシーンを妄想した。

楓いわく、伯朗の弟・明人(染谷将太)の妻と名乗り、明人が失踪したと聞かされる。

伯朗は診察で忙しいため、明人の友人を当たったらどうですか?と言い戻ろうとしたが、楓から「お兄さんしか頼れる人がいないんです!」と言い寄られ、後ほど話を詳しい話を聞くことにした。。

明人はシアトルから帰国して4日後、メモだけ残し行方不明に。警察にも相談したが取り合ってくれなかったという。

そのうち帰ってきますよと告げたが、楓は明人の失踪に親族の誰かが関わっているという。親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族のこと。

伯朗は矢神家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後、20歳の時に本当の父の名字「手島」に変え、一族とは疎遠になっていた。

ところがその八神家の当主で、伯朗の血の繋がっていない父・康治が危篤状態にあるという。

矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。

もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。

門の前で、明人の失踪はナイショにしてほしいという楓。八神家に明人の失踪を知っている人間がいれば、必ず自分に近づいてくると考えていた。

屋敷へ入ると昔から伯朗を見下す、矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。

寝たきり状態の康治の見舞いを終えた伯朗に、勇磨は相変わらず「貧乏人」と見下しイヤミばかりを言ってくる。

耐えられなくなった伯朗は、すぐに楓とともに屋敷を後にした。

楓ビンタ

さっさと帰ろうとする伯朗に、どうしたんですか!?と問い詰める楓。

すると伯朗は、八神家に禎子と嫁いだときの話をしはじめ、

八神家の連中とはもう関わりたくないんだよ!

うまいこと康治しをたぶらかして、遺産目当てやってきた卑しい貧乏人だろ?って、ずっと疑われてきた。

と語る伯朗に、楓は反省し手作りのシフォンケーキを振舞うと告げる。

美人に優しくされるのは嫌いじゃない伯朗は、楓と明人が同居する芝公園の自宅でシフォンケーキをいただいた。

その後、楓の希望で伯朗の実家へ向かうことに。

禎子の仏壇にお参りした楓は、兼岩健三(小日向文世)と禎子の妹・順子(坂井真紀)夫妻に出迎えられ、伯朗も交え結婚祝いの食事を振る舞ってもらった。

食事をしていると画家だった伯朗の父・R指定の話になり、楓のリクエストで預かってくれていた絵を見せてもらうことに。

すると父が最後に書いていた印象的な絵がないと言いだす、伯朗。楓は八神家にある禎子のの遺品の中にその絵があると告げる。

順子も「八神家から取り返してくれば?」というものの、伯朗は頑なに「今後、八神家とは関わらないと決めたんだ」の一点張り。

そんな伯朗の気持ちを汲み取った楓は、八神家の親族会に自分1人で参加し、絵を取り戻してくると告げた。

その帰り道、伯朗は楓に

本当は明人をどこかに監禁していて、八神家の遺産を手に入れたら居なくなるつもりじゃないのか?

と、怪しんでいることを告げると、伯朗は楓にビンタされてしまった。




ついに開かずの間へ

翌日。

伯朗は動物病院で診療しつつ、1人で八神家の親族会へ向かった楓が気になっていた。

その頃、八神家での親族会では、明人不在だと相続を進められないとの意見もあったが、強行することになった。

妹・波恵が、兄・康之介の読みはじめた遺言状には、

一. 私、八神康之介の一切の財産は、八神明人に遺贈する。

と書かれていた。

康之介はなぜ明人に全財産を遺贈しとうとしたのか?と尋ねた楓に、禎子が明人に譲るよう康之介に吹き込んだと言い出す勇磨。

康之介が逝去した16年前にこの遺言状は公開されたものの、当時まだ幼かった明人に全財産を渡すのは非常識だと考え、何も渡さなかった。

その結果、

  • 現金や株式などの金融資産の一部だけを康之介の子供たちで分け合い、
  • 残りの金融資産・不動産・美術品はすべて、明人の代わりに父・康治が一時的に管理。
  • 明人が遺産を相続するかについては、大人になった秋との判断に委ねる。

という取り決めで、決着がついていた。

すべてを聞いた楓は、明人の意向を話しはじめた。

喜んで、亡き祖父の意思を継ぎたい。

すなわち、八神家に残るすべての遺産を相続する。

16年前に支払われた金融資産の一部についても、改めて精査を行い、不正が無かったかを確認したい。

不正が判明した場合、直ちに返還を要求する。

と公表した。

不正という言葉に反応する八神家の子供たちをよそに、楓は「遺産を受け取るプロセス」や「受け取った遺産の使いみち」について、きちんと再検証すると宣言。

勇磨は耐えかね、今すぐ明人に電話してほしいと告げ、康之介の後妻の娘・祥子(安蘭けい)からは、明人から実際に聞かないと納得できない!と言い出す。

すると、康之介の後妻の息子・牧雄(池内万作)が、

16年前にもらった小銭のことなど、どーでもいい!

早く開かずの間を確認しよう!

と言い始めた。

波江は「では、15時に開かずの間の前にお集りください」と告げた。

犯人からの呼び出し

未だ病院で診察をしていた伯朗のもとに、順子がやってきた。

昨日、疑われた楓は順子たちの家を再び訪れ、明人が行方不明になったことや本当は順子たちも疑っていたことを正直に告白してきたという。

そして伯朗の父が書いた絵を見て、楓は「もう伯朗には迷惑は掛けられない。」と言っていたことを聞かされた。

順子は伯朗に、

八神家に部外者が入っていったらどんな思いするかは、アンタが一番よく分かってるでしょ?妹なんだから、しっかりと守ってやんなさいよ!

と、伝えた。

すると楓から伯朗に電話が入り、遺産を全部いただくと伝えたら、犯人らしき人物から手紙が来たという連絡だった。

手紙には、

北緯35度37分48.90秒
東経139度37分13.18秒
へお越しください

と書かれていた。

もし自分の身に何かあったらお願いしますと楓に言われ、なんでボクなんかを頼るんだという伯朗。

すると楓から、明人が伯朗だけは信頼できると言っていたことを聞かされ、伯朗の静止も聞かず電話を一方的に切り、楓は1人メモの場所へと向かった。

心配になった伯朗はあとの仕事を看護師の元美に頼み、至急、車で八神家の別荘へ向かった。

もっと価値のある遺産

到着すると楓の姿はなく、八神家での苦い過去を思い出しながら必死に探す伯朗。

八神家の血の繋がった康治と禎子の間に明人が生まれたことで、ようやく禎子は認められ、明人の誕生が禎子を救ったと考えていた伯朗。

今度は俺がお前の嫁を守るという想いで、伯朗は地下室へ向かった。

するといきなり誰かに鉄の棒で叩かれそうになり、よろめく伯朗だったが、その正体は楓だった。

メモの場所に向かったところ誰かに閉じ込められ、犯人が戻ってきたと勘違いし、鉄の棒でぶん殴ろうとしていた💦

額から血を流していた楓は何者かに突き飛ばされ、地下室へ続く階段を転げ落ちたという。伯朗は憤りながら、楓と開かずの間へ向かった。

すでに全員集合しており、遺品のリスト表が配られた。

そこへ伯朗と楓も到着し、むかし自分を閉じ込めた場所に楓がいたと怒鳴り込む。そして、勇磨の仕業だと思い、激しく胸ぐらを掴む伯朗。

そして、全員の前で明人の嫁は楓だと信じていますと告げ、楓を傷つけるやつは絶対に許しません!と怒鳴った。

空気を読んだ波恵は、遺産の確認はまた後日と告げるも、牧雄は「アニキ(康治)はもっと価値のある遺産を持ってたハズだ!」と暴れだす。

その言葉に反応する楓だったが、牧雄は何も答えずその場を去っていった。

八神家を出ると、伯朗は「明人は本当にすべての遺産を譲り受けるって言ったの?」と尋ねると、楓は明人から答えは聞いていないという。

全ての遺産を手に入れようとすれば、明人失踪に絡む犯人が自分(楓)のことを狙ってくるという狙いがあったからだ。

1人目の死者

その後、自宅で晩ごはんを食べていると、楓から「今から会えますか?私を突き落とした犯人が分かりました」と連絡が入った。

楓と会った伯朗は、あの日、牧雄だけリビングにいなかったと使用人から聞いたという。

動機は、牧雄が言っていた「もっと価値のある遺産」を入手するため。

さらには明人を監禁したのも牧雄で、その間に「価値ある遺産」を手に入れようとしていたんじゃないか?と、推理する楓。

そして、21時に牧雄と待ち合わせしていて、自分の推理を牧雄にブツけると言いだす。

牧雄は指定された場所へ向かうため、長いエスカレーターを昇り終えた瞬間、何者かに背後から突き落とされた。

////

その後「21:07」になったが、牧雄が来ないと慌てはじめる楓。

すると1台の救急車が到着!現場へ駆けつけると、突き落とされ意識不明の牧雄がエスカレーターの乗り口に倒れていた。。

楓は現場を見ながら「襲われたんですよ、遺産を狙ってる人間に。」と、恐ろしい剣幕で語っていた。

 

つづく…

危険なビーナス(ドラマ)|2話 ネタバレ感想【おディーン様が一枚上手】ドラマ「危険なビーナス」2話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年10月18日放送。...

ドラマ『危険なビーナス』1話 感想

ドラマ『危険なビーナス』1話の感想です。

明人が牧雄を突き落としたんじゃないか説。

そして、牧雄が突き落とされた後に楓が伯朗のもとに戻ってきた場面や、最後に楓が見せた恍惚とした表情に楓あやしい説が出ています😌

牧雄を誘った場面は放送されませんでしたし、素直に牧雄が待ち合わせ場所に来たのにも違和感がありました。

とりあえずこれから毎週、八神家のどなたかが1人ずつ消えていきそうです💦

ドラマ『危険なビーナス』次回のあらすじ

ドラマ『危険なビーナス』次回のあらすじです。

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が待っていた牧雄(池内万作)は、すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。救急隊員が応急処置をするなか、伯朗たちは矢神家へと急ぐ。

遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに口封じのためにエスカレーターの上から突き落とされたと楓は考えたのだ。だとすれば、今屋敷にいない人物か、帰宅したばかりの人物が怪しい。

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)とその異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。

外出中でアリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)。さらに、車で戻ったばかりの使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

しかし、転落直前に連絡を取っていた楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、楓にも疑いの目が向けられてしまう。

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。

そんな時、伯朗は勇磨から、楓が本当に明人(染谷将太)の妻なのか確かめるために彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事
error: Content is protected !!