ドラマネタバレ・感想

危険なビーナス(ドラマ)|4話 ネタバレ感想【楓と百合華はグル!?】



妻夫木聡さん主演のドラマ「危険なビーナス」第4話が、2020年11月1日(日)に放送しました!

楓と百合華はグル説が出とります💦

このページでは、ドラマ『危険なビーナス』4話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ『危険なビーナス』4話ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』4話のネタバレです。

明人が語る「伯朗はこんな人」

伯朗(妻夫木聡)は百合華(堀田真由)から、母の祥子(安蘭けい)が置き手紙を残し失踪したと聞かされた。

一緒に探してほしいと頼まれた伯朗は、かつて母・禎子(斉藤由貴)をいじめた祥子のことを助ける気になれず断った。

すると百合華は、楓には言わないでほしいと口止めし帰って行った。

一方、楓(吉高由里子)は八神家にて、寝たきりの康治(栗原英雄)の看病をしていた。

波恵(戸田恵子)は、今後の八神家の遺産管理について、あとは私に任せて欲しいと康治に伝えると、康治は文字盤とまばたきで『あきとをまて』と返答。

そんな中、支倉隆司(田口浩正)は「今日行く。邪魔者は消えた。」と、何者かにメッセージを送っていた。

////

仕事を終えた伯朗は、断った百合華のことが気になってしまい支倉家へ向かう。

失踪した祥子の手掛かりを探るため、百合華の案内で家の中を調べることにした。

すると、祥子の部屋で差出人不明の手紙を発見し、

あなたの夫は善良ですか?
あなたの夫は信用できますか?

あなたは夫に殺される。

と書かれていた。。

その後、隆司の部屋を調べると(血圧を急激に上げる薬)を見つけ、伯朗は「まさか隆司さんが祥子さんを?」と疑っていると、何者かに背後から口を塞がれる!

ところがその相手は「ご機嫌よう、お義兄様」と囁く、楓の冗談だった?

そこへ隆司が帰宅し、伯朗が引き付けている隙に楓は八神家を出た。

百合華は伯朗に「明人君が言ってたとおりの人」と感謝を伝えると、なんて言ってたの?と聞く伯朗。

すると百合華は

  • 伯朗さんは心のまっすぐな人。
  • 嘘がつけなくて曲がったことが大嫌い。
  • 駆け引きも苦手。
  • だけど、まっすぐで温かい。
  • 自分を犠牲にしてでも、みんなに幸せになってもらいたいと考えている。

と答えてくれた。

百合華は伯朗に「明人は俺のこと、何て言ってた?」と、楓に聞いて欲しいと言う。

楓が本物の妻なら、同じ言葉を言うハズと…。

隆司と杏里

伯朗はその後、祥子の失踪と脅迫文らしきものを楓に見せ、2人は自転車で外出する隆司の後を追った。

一軒家に入っていく隆司を見かけ覗くと、そこは看護師・杏梨(福田麻貴)の家で、さらにはハグする現場を目撃!

楓は真実を教えてほしいと訴えるも、伯朗は「隆司が血圧を急激に上げる薬」を持っていたことから、高血圧の祥子を殺害したと考えていた。

すると「もしもの時に使うつもりだった」と話す、隆司。

祥子から離婚を切り出され、矢神園を奪われたときに使おうと用意していた。あくまで、そうなった時のために。

八神家でビクビクしつつ気を使いながら生きてきた隆司にとって、杏里は心のオアシスだったという。

続けて隆司は「祥子は勇磨と佐代を恨んでいたから、あの2人が怪しい」とつぶやく。

過去に禎子のネックレスが無くなり、幼い伯朗は宝石箱を漁る祥子を疑っていたが、禎子は「疑ったりしたらダメよ。」と言われた。

そんな禎子の想いも知らず、常にいじめ続けた祥子とは関わりたくないのが伯朗の本音だった。。




祥子は隆司と仲直り。。

勇磨が隆司と杏梨の不倫をバラしたせいで、親族会の緊急招集が入る。

勇磨はこんな不貞を働く人に矢神園を任せていていいのか?、と訴えた。

隆司は祥子の誘拐犯が勇磨だと疑ったが否定し、逆に浮気がバレた隆司の方が怪しいと言い返してきた。

そんな2人に耐えかねた伯朗は「金とか遺産とか何なんだよ!」と激怒。百合華の立場になって、思いやるのが家族なんじゃないか?と訴える。

すると波恵から「もう出てきていいんじゃないですか。」と声を掛けると、奥から祥子が現れた。

夫・隆司の不貞に気付き戻ってきた告げ、もし自分のことを探してくれたら考え直したいと思っていたと話す。

伯朗は祥子から、隆司が自分のことを探してくれていたかと尋ねられ、隆司が心配して探し回っていたと優しい嘘をつく。

すると祥子は涙を流し、隆司との関係をやり直すことにした。

さらに祥子は、無くなった禎子のネックレスを伯朗へ渡した。祥子は嫌がらせでネックレスを隠したと白状する。

禎子は気付いていたのに、伯朗のことを思いワザと黙っていたと明かしてくれた。

その後、伯朗は百合華に言われていた「明人は俺のことをどう言っていたのか」と、尋ねてみた。

楓は

  • 伯朗さんは心のまっすぐな人。
  • 嘘がつけなくて曲がったことが大嫌い。
  • 駆け引きも苦手。
  • だけど、まっすぐで温かい。
  • 自分を犠牲にしてでも、みんなに幸せになってもらいたいと考えている。

と、百合華の言葉と全く同じだった。

楓の言葉を聞いて安心した伯朗は、信じて良かったと楓にネックレスをプレゼントした。

今度は祥子と執事

その頃、離婚に追い込めば支倉家は簡単につぶせたのにと、作戦が失敗に終わり悔しがる勇磨と佐代(麻生祐未)。

一方、祥子は康治の部屋で杏梨と会っていた。

杏里から謝罪され辞表を出しますと告げると、辞めないでいいという祥子は。

遺産相続が終わるまでは、いてもらわないと困るの。

そのためにあんなクソ夫との婚姻関係を継続したんだから。

勇磨と佐代さんが浮気をネタに私をつぶそうとしてたから、こっちはよりを戻すのに必死だったわ。

大体、うちの旦那こんなもの(昇圧剤)用意してたのよ!

しおらしく(低姿勢)しておくしかないでしょ?殺されたらたまらないもの。

それに何より、私が欲しかったのは…、あなたなのよ杏梨さん。

あなたに私の願いを叶えてほしいから、今回の騒動も丸く収めてあげたの。

「どういう意味でしょうか?」と怯える杏里に、祥子は「康治さんを殺して。酸素止めるだけ。簡単でしょ?」と告げる。

杏里は「でも、君津さんも見ていますので…」と返答すると、そこへ君津が入ってきていきなり祥子に抱きつく?

祥子から「大丈夫。お互いさまっていうのが夫婦円満の秘訣なの」と言われ、怯える杏里。

そして、

明日の夜、実行する。

断るなんて許さない。

彼(君津)とあなたが私に味方してくれれば、遺言書も康治さんの命もどうにでもできんのよ。

と脅された。。

 

つづく…

ドラマ『危険なビーナス』4話 感想

ドラマ『危険なビーナス』4話の感想です。

4話では、明人が語った伯朗の人物像について、楓と百合華の言葉が一致してました?

楓と百合華はグルなんでしょうか…。

祥子が、君津と杏里がいれば「遺言書」はどうにでもできると言ってましたね?

ドラマ『危険なビーナス』次回のあらすじ

ドラマ『危険なビーナス』次回のあらすじです。

動物病院で勤務中の伯朗(妻夫木聡)のもとに差出人不明の手紙が届く。

そこには「今夜、康治が殺される」と書かれていた。

楓(吉高由里子)と元美(中村アン)とランチにいくことになった伯朗は、2人にその手紙のことを話す。

誰かのイタズラと軽く考えている伯朗に対し、楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしている」と推理する。

一方矢神家では、波恵(戸田恵子)が夜7時に親族を集めて”開かずの間”を開け、遺産を再確認することを決めていた。

禎子(斉藤由貴)の遺品もあるため、波恵は伯朗にも来てほしいという。

遺産を全て手に入れるため、康治(栗原英雄)の殺害を企てる祥子(安蘭けい)は、今夜一族が”開かずの間”を確認中に計画を実行すると、君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に宣言する。

夕方、矢神家を訪れた伯朗と楓は、康治の無事を確認。

育ての親・康治に対する複雑な思いを吐露する伯朗に対し、楓は康治殺害計画を阻止する作戦を提案する。

楓はベッドの下に潜り込み、伯朗は親族が揃う部屋へ。

やがて、“開かずの間”を開ける時刻が近づき…

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事
error: Content is protected !!